新聞奨学生の広場

HOME > 各社の新聞奨学生制度について

各社の新聞奨学生制度について

新聞会社では、それぞれの会社で新聞奨学生の制度をもうけています。
自分の力で大学に進学したい人にとっては新聞奨学生の制度を利用できます。
昨今の厳しい経済環境で、大学進学の費用を保護者が負担できない場合があります。
また、保護者に頼ることなく自分の力で大学進学をしたい場合もあると思います。

虐待や性暴力といった問題のある家庭で育った人もいるかもしれません。 家族や肉親との関係が良くないと、いざという時に頼れる人がいないため、生活に困る場面がたくさん出てきます。
就職するにも、部屋を借りるのにも、住民票の提出や保証人のサインを求められるケースが一般的です。

ネットカフェ

近年、ネットカフェ難民という言葉に象徴されるように、定住できる住まいを持つことができず、インターネットカフェで生活して、アルバイト先にはそこから通っているという人もいます。

実家を出て進学したくても、代わりの住まいが簡単に見つけられない人は、新聞奨学生の制度を活用することが可能です。
新聞奨学生の制度は、新聞配達をする代わりに新聞社や販売店が学費などの費用を負担してくれる制度です。
この新聞奨学生の制度は、各新聞社によって制度化されています。
新聞奨学生の制度は結構便利なものです。制度の内容は新聞社によって少し違います。
このページでは、新聞社が制度化している新聞奨学生の仕組みに関して紹介します。

新聞奨学生の制度は、各新聞社ごとにいろいろあります。
それぞれの条件や特徴をよく確認・比較して、自分に合ったものを選びましょう。
一番大きな点は、毎月の給料の金額です。新聞社ごとに新聞奨学生の勤務内容は少し違っています。

食事の提供

たとえば、夕刊の配達がない新聞社があります。この場合には、勤務時間が短くなる一方で、給料が減ります。夕刊の配達業務がない場合には、1ヶ月で2万円から3万円程度の給料が少ないですね。
勤務時間と毎月の給料は比例する関係ですので、まずは新聞社ごとの勤務内容をチェックしてみてください。
その他、細かい勤務内容に違いがあります。配達業務以外には、集金業務や事務業務、勧誘業務などが必要です。細かい業務は意外と時間がかかりますので、勤務前には確認をしましょう。

そして、奨学生寮での食事の有無などの違いがあります。食事の提供があると、毎日の負担が減ります。慣れない一人暮らしで、学業と新聞配達で疲れて帰宅した後、さらにそこから料理を作ることは時間と手間だけでなく、相当な気力・体力が必要になってきます。
忙しい新聞奨学生の場合には、食事の提供があればうれしいですね。

このように新聞奨学生の制度には違いがあります。
新聞社による特徴がありますので資料などをよく読んで確認をしましょう。