新聞奨学生の広場

HOME > 各社の新聞奨学生制度について > 毎日新聞の新聞奨学生制度

毎日新聞の新聞奨学生制度

新聞奨学生の制度は、読売新聞や朝日新聞、毎日新聞などの大手新聞社がもうけています。
新聞配達で勤務しながら、給料と学費をもらえる制度です。
保護者に金銭的な負担をかけることなく、自らの力で大学に進学することができます。保護者の世話になりたくない場合や、保護者に金銭的な余裕がない場合には、新聞奨学生の制度を使って進学することができます。
このページでは、毎日新聞の新聞奨学生の制度について説明します。
新聞奨学生制度の仕組みと毎日新聞の奨学金制度の特徴をしっかり理解して、うまく活用してください。

親身なサポート体制が嬉しい「毎日育英会」

毎日新聞の新聞奨学生制度は、「毎日育英会」という組織が運営しています。
自立を目指す学生を支援するため、1968年(昭和43年)に創設されました。
これまでに、76,600人以上の毎日奨学生が社会に巣立っていきました。
卒業生は、国内外の多分野で活躍していて、高い信頼と評価を得ています。

毎日育英会HP

毎日育英会では、入学から卒業までの間、勉学と販売所の業務が両立できるように、奨学生を親身になってサポートする制度が用意されています。
毎日育英会のサポート事務所は、東京、名古屋、大阪、福岡にあります。そのため、全国のどこで新聞奨学生として勤務していても、手厚いサポートを受けることができます。

在学中に奨学会から学費として立て替えて支払った金額が、定められた奨学金の範囲内であれば、卒業時の返済は必要ありません。返済が免除される金額については、コースや通学年数によって異なりますが、最大520万円までの返済が免除されます。

3つのコースから選べる奨学生制度

毎日新聞の新聞奨学生制度は、業務内容と待遇の違いによって、Aコース、Bコース、Cコースの3つのコースから選ぶことができます。コース選択によって、業務内容と待遇、そして奨学金の金額も異なってきます。
また、奨学金とは別に、新聞配達の業務に対する給料がもらえます。
この給料を利用して、毎月の生活費に充てることができます。

Aコース Bコース Cコース
業務内容 朝刊・夕刊の配達業務、集金業務、付随業務 朝刊・夕刊の配達業務、付随業務。集金業務はありません。 朝刊の配達業務と付随業務。夕刊の配達と集金業務はありません。
勤務時間 6時間程度/日 5時間程度/日 4.3時間程度/日
返済免除額 4年間で520万円
1年間あたり130万円の学費をまかなうことができます。
4年間で440万円
1年間あたり110万円の学費をまかなうことができます。
4年間で440万円
1年間あたり110万円の学費をまかなうことができます。
給料 15万円前後/月 12万円前後/月 12万円前後/月

Aコース、Bコース、Cコースいずれのコースであっても、食費や衣服代など、日々の生活に必要な出費は、給料でまかなえるでしょう。親からの仕送りなしの完全独立がかないますね。無駄遣いをしないように心がけていれば、新聞奨学生の仕事だけで生活をやっていくことができるはずです。

さらに、年に2回、7月と12月に賞与をもらうこともできます。賞与がもらえますので、自由に利用できるお金が生まれます。学生にとっては、とてもうれしいものだと思います。

福利厚生について

保険は、「国民健康保険証」(自己負担)を利用します。
「毎日奨学生医療共済制度」により、通院・入院した場合でも保険治療費の自己負担はありません。
また、労災保険・交通傷害保険も完備されています。(保険料の自己負担はありません)
法律で定められた有給休暇も、もちろん取得できます。

無料の寮

奨学生は、担当する販売店内の寮、または販売店が用意したアパートに住むことになり、完全個室で部屋代は無料です。
水道・光熱費は、使用した分のみ自己負担です。基本料金の負担はありません。
食事の用意は、販売所によって異なります。
朝・夕食が販売所内で用意される場合は、月額29,000円を給料から引かれます。
なお、新聞が発行されない日(休刊日)の朝・夕食の用意はありません。

また、通学に必要な定期代については、1ヶ月の定期代のうち5,000円までは奨学生本人が負担し、5,000円を超過する分は販売店から補助がされます。

業務内容について

朝刊・夕刊の配達

各販売店に出勤し、毎日新聞、各種新聞(スポーツ新聞など)を、自転車またはバイクで配達します。
自転車、バイクは各販売店から貸与されます。ヘルメットや雨具等は販売所で用意されます。原付バイクのガソリン代は、もちろん販売所の負担となります。
入会時に、スタッフジャンパーを全員に用意してもらえます。
女子学生には防犯ブザーも用意されます。

チラシの折り込み

配達前の準備として、新聞に折り込みチラシをセットする作業があります。
主に夕刊の配達が終わった後の時間を使って、翌日の朝刊に折り込むチラシを機械などでセットします。

集金

購読者から毎月の購読料金を集めます。
近年、新聞購読料のクレジット払いや口座振替が増えてきているため、集金業務は軽減されています。

その他付随業務

チラシ広告の折り込み作業、配達する順番が書かれた配達順路帳、読者増減を記録したリストの作成など、簡単な事務作業があります。また、宣伝物や試読紙の配布といった、PR活動もあります。
コンピュータや折込機が設置されているため、作業の効率化が進み、かかる時間も短縮されてきています。

採用エリア別の事務局と販売所紹介システム

毎日育英会には、採用エリア別に東京・大阪・福岡の3つの事務局があります。
相談しやすいサポート体制が整っているので安心ですね。

新聞配達

また、東京エリアには、卒業まで続けやすいシステムがあります。
入会時に渡される「販売所紹介カード」に、販売所紹介に対する希望を記入し、希望に基づいて、該当の販売所長との面接が行われます。
通学にかかる時間や、配達を担当する地域についての特徴、地域の環境など、詳しい条件を確認しながら質問して、希望を伝えることができます。
実際に、販売所を訪問して雰囲気や設備、業務内容を確認し、訪問当日には販売所での宿泊を体験できます。

楽しく安心して続けるための、様々なイベント

・入会受付・オリエンテーション(3月)

東京事務局に集合して、入会手続きを行います。
入会時に、東京事務局までの片道分の交通費が支給されます。
奨学生生活についての研修を受け、販売所長と面接し、雇用契約を結びます。

・新入生激励会(4、5月)

毎年春に、新入生激励会が開催されます。

・夏季訪店(8月)

学校の夏季休暇期間を利用して、毎日育英会の職員が在店奨学生を激励する目的で、販売所を訪問されます。

・卒業祝賀会(2月)

卒業まで頑張り抜いた毎日奨学生を招待し、卒業祝賀会が開催されます。
卒業生全員に記念品が授与されます。
豪華賞品が当たるアトラクションなど、毎年とても盛り上がります。

募集地域

東京地区/東京、神奈川、埼玉、千葉、京阪神地区、九州地区
※一部適用外の地区もあります。

2部(夜間部)通信制の学校も採用可能です。
ただし、大学・短大の医・歯・薬・獣医・体育・海洋・音楽系各学部、専門学校の演劇・航空操縦・歯・看護系学科については、原則として適用できません。

応募資格

適用地区の大学、短大、専門学校、予備校(宅浪も可)に進学を希望し、毎日新聞販売所で仕事ができる方。

学部学科によって不可能な場合や、人数制限もあります。
詳しくは事務局にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

毎日育英会(東京)
フリーダイヤル 
受付時間 (月~金 10:00~18:00 土 10:00~16:00  ※祝日を除く)
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-14-4 毎日新聞早稲田別館
TEL:

※東京地区以外の方は、奨学生制度の条件が異なります。こちらへお問い合わせください。
毎日育英会  大阪事務局
〒530-8251 大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル内 TEL.

毎日育英会  福岡事務局
〒802-8651 北九州市小倉北区紺屋町13-1 毎日会館3F TEL.