新聞奨学生の広場

HOME > 各社の新聞奨学生制度について > 日経新聞の新聞奨学生制度

日経新聞の新聞奨学生制度

日本の新聞各社では新聞奨学生の制度を用意しています。新聞奨学生の制度は読売新聞や朝日新聞、日経新聞などの大手新聞社がもうけている制度です。
家庭で新聞に目を通すことは、日本ではごく当然のことだと思われています。世界的に見ても、日本は識字率が圧倒的に高いことで知られていますが、新聞宅配制度による部分が大きいと思われます。
この素晴らしい習慣を支えているのが、新聞奨学生のみなさんなのです。

口コミ人気上昇中「日経育英奨学会」

日経育英奨学会

日経新聞の新聞奨学生制度は、「日経育英奨学会」という組織が運営しています。
日本経済新聞社では、昭和43(1968)年に日本経済新聞育英奨学会(日経奨学会)が発足されました。
このページでは日経新聞の新聞奨学生の制度について説明します。新聞奨学生制度の仕組みと日経新聞の奨学生制度の特徴をしっかり理解して、うまく活用してほしいと思います。

奨学生本位を徹底した、充実の制度

学費は、全額無利息で貸与できます。
免除額内であれば、全額返済不要です。

4年制コース 3年制コース 2年制コース 1年制コース
対象 4年制大学生・4年制の専門・各種学校生 3年制専門学校・各種学校生・大学2年生より入会 2年制の専門・各種学校生・大学3年生より入会 予備校生・1年制の専門・各種学校生・通信制大学生
返済免除額 450万円
・卒業までの学費貸与額が450万円を超えた場合、その差額を卒業時に一括返済が必要。
・卒業までの学費貸与額が240万円未満の場合は、240万円との差額が報奨金として支給。
320万円
・卒業までの学費貸与額が320万円を超えた場合は、その差額を卒業時に一括返済が必要。
・卒業までの学費貸与額が180万円未満の場合は、180万円との差額が報奨金として支給。
220万円
・卒業までの学費貸与額が220万円を超えた場合は、その差額を卒業時に一括返済が必要。
・卒業までの学費貸与額が120万円未満の場合は、120万円との差額が報奨金として支給。
100万円
・卒業までの学費貸与額が100万円を超えた場合は、その差額を卒業時に一括返済が必要。
※但し、学校に通学しない宅浪生の方の場合は、60万円
特典 勤務4年目に全員を海外研修へ招待(自己負担はありません)

予備校生、独学生、1年制の専門・各種学校生が、日経育英奨学生として1年在籍し、他の2年制以上の学校に入学し、育英奨学生(4年制・3年制・2年制)として継続勤務する場合は、規定の奨学金に加えて、入学祝金として10万円を進呈されます。

奨学金以外に、月額13万円以上の給料が出ますので、これだけ十分に生活ができます。
上手に節約しながら生活をすれば、貯蓄をすることも可能です。
通学定期代が月額5,000円以上の場合には、その差額が補助されます。(補助額は、月5,000円が限度)

※年1回の昇給と、年2回賞与の支給があります。
労災保険、傷害保険に、全NSNが加入しています。保険料の自己負担はありません。

女子学生にも人気が高い、充実した設備と環境

奨学生の住居は、部屋代無料で、快適な個室が用意されます。
全室にエアコンまたはクーラーが完備、シャワールームとシャワートイレも完備されています。
朝食と夕食は、各販売所で用意されます。食費は、月29,000円以内で、実費精算となります。

無料の寮

これらの条件には、販売所間での格差はありません。どの店舗に入店することになっても、同じ条件、同じ就業規則で、安心して勉強と仕事が続けられるよう、日経奨学会ならではの充実した制度と設備が約束されています。

集金・セールス勧誘業務はなく、休日は4週6休スタイルです。授業のスケジュールなどの都合に合わせて、各販売所内で調整のうえ決まります。
そのため、自分の時間を多く持つことができます。

このように、他の新聞社の奨学生制度と比較しても、奨学生本位を徹底した、充実の制度と設備が人気を呼び、先輩学生からの口コミでの入会者が年々増えてきています。
日経奨学会は、東京地区で一番奨学生が多く、女子学生もたくさん在籍しているのが特徴です。

業務内容について

配達業務

日本経済新聞および各種取扱い紙の配達

主にバイク(一部は自転車)を利用して、受け持ちの区域の朝刊・夕刊を配達します。
1日の仕事時間は、朝・夕刊の配達と付随業務を合わせて、5時間程度となります。
先輩が親切に指導してくれます。日経新聞には、固定読者が多いので、順路はすぐに覚えられるでしょう。
配達で使用するバイク、自転車は、販売所で用意されています。
また、ユニフォームとレインウェアは全奨学生に貸与されます。

配達に関する付随作業

チラシ広告の折込作業

全ての店舗に、最新鋭のチラシ折込機が導入されていますので、効率的に作業が行えます。

PR宣伝物の配布

各種宣伝物(リーフレット)や試読紙等を配布する作業があります。
セールスの強制はありません。

集金業務はありません。

ただし、希望者には別途手当を支給します。

日経ならではの年間イベント

日経奨学会では、奨学生仲間たちと交流できる場を設けています。 学校の友人以外に、日経本社や日経育英会の仲間や先輩との絆を深めることができます。 今後の人生にとって、きっと貴重な出会いとなることでしょう。

・入会式(4月)

日経本社や日経育英奨学会、先輩奨学生たちからの激励を受けて、入店したNSNの販売所で卒業までの間、学業と仕事の両立をやり遂げることを誓い合います。

・NSNレクリエーション(6月)

日経ならではの楽しいレクリエーションが毎年開催されます。
地区ごとに、ホテルのレストランでの食事会などが開催されます。
NSNのレクリエーション行事は、新聞奨学生だけでなく、日経本社やNSNの従業員も参加します。
普段のNSN店舗以外の「日経」のたくさんの仲間たちの絆を深めることのできる場です。

・海外研修旅行(11月)

4年間在籍をして卒業を迎える、4年コースの奨学生は、海外研修旅行へ招待されます。
海外での休日を存分に満喫できます。
4年間の奨学生生活を頑張ったご褒美として、最高のプレゼントになるでしょう。

・修了式・祝賀パーティー(2月)

勉強と仕事を両立して、無事修了される奨学生の皆さんの努力を称えて、毎年、盛大に開催されます。
修了式・祝賀パーティー 修了式では、修了証と記念品として、スーツが贈呈されます。
式典の後には、祝賀パーティーも行われます。
同じ志を持つ奨学生として頑張ってきた期間の思い出話や、これからの進路のことなど、話が弾むひと時です。豪華な賞品が当たる抽選会も、毎年大好評で、たいへん盛り上がります。

これらの年間イベントの他にも、卒業後の就職をバックアップするため、就活セミナーの開催があります。また、希望者には推薦状の発行もしてもらえます。

募集地域

東京地区

※東京以外の地区で日経育英奨学会を希望される方へ
福岡地区は「西部育英奨学会」を、北海道札幌地区は日経育英奨学会と提携をしている「北海道新聞奨学会」をご案内できます。詳しくは、各地区へ直接お問い合わせください。

適用校について

4年制大学、専門・各種学校、予備校
(詳しい校名については、お問い合わせ下さい)
※学部、学科(コース)によっては、受付できない場合があります。
※学校によっては定員になり次第、締め切りとなる場合があります。

日経新聞の新聞奨学生制度に関心をもった人は、日経育英奨学会に問い合わせをしてください。ホームページでも詳しい情報が公開されています。

【お問い合わせ先】

日本経済新聞育英奨学会(東京地区)
フリーダイヤル 
受付時間 月曜日~土曜日(9:30~17:30)

※福岡地区のお問い合わせ
フリーダイヤル 
受付時間 平日(10:00~17:30)

※北海道札幌地区のお問い合わせ
フリーダイヤル